石巻の今 ときどき世界

地元新聞の元記者が石巻・東松島・女川の観光や食、漫画、猫、震災・防災などの地元情報を紹介します。ときどき世界のまち歩きも書いていきます。

このブログについて・問い合わせ先

地域の魅力を伝える懸け橋に

 石巻情報パートナーズ代表の大須武則です

 私は宮城県石巻市の地元新聞社「三陸河北新報社」(石巻かほく)の記者として、主に三陸沿岸地域を取材してきました。

 東日本大震災では、わが家も被災し、たくさんの支援を受けました。私にできる恩返しとして、「命を守るため、多くの人に東日本大震災の教訓を学んでほしい」という思いを持った方々と、伝承活動や復興のための交流人口拡大に取り組んできました。

 三陸河北新報社を2018年3月に定年退職し、同年11月、石巻情報パートナーズを立ち上げました。東日本大震災のことや防災・減災について学ぶ、または観光で、あるいは仕事で石巻地域や被災地を訪れる方に役に立つよう、このブログやSNS等で石巻地域を中心とする旅関連情報や魅力、震災関連情報を発信していきます。

掲載内容

・訪れる人たちが楽しめる観光情報や食、歴史、文化、産業なども紹介します。

・被災地で学ぼうという方たちのために、被災地の現状や震災伝承活動などを情報発信します。

・ときどき、世界のまち歩きや旅の情報も掲載していきます。

石巻情報パートナーズの仕事

◎被災地視察コーディネート

・東日本大震災の教訓を学ぶ視察を希望する個人・団体・企業等からの依頼により、視察場所や語り部、スケジュール調整などを承ります。

・石巻地域の歴史や食、産業などを体感できるまち歩きを提案できます。

  ★町内会や企業等の視察研修にご利用ください。

取材受託

・三陸河北新報社の記者として「石巻かほく」「気仙沼かほく」「釜石新報」に記事を書いてきました。フリーランスのライターとして記事執筆の依頼をお受けしします。

◎出版受託

・三陸河北新報社事業部時代に「ふるさと石巻の記憶 空撮3.11その前・その後」、「未来への道標 2011.3.11東日本大震災から3年間の軌跡」(石巻商工会議所発行)などを手がけました。

◎各種デザイン制作受託

・パートナーのデザイナーと共にパッケージやパンフレットなどの制作を承ります。

問い合わせ先

       石巻情報パートナーズ  代表/フリーライター 大 須 武 則

          E-mail info@ishinomaki-joho.com