石巻の今 ときどき世界

地元新聞の元記者が石巻・東松島・女川の観光や食、漫画、猫、震災・防災などの地元情報を紹介します。ときどき世界のまち歩きも書いていきます。

咲き誇るバラ 雄勝バラ祭り6月15日まで

f:id:ishinomaki-joho:20190603141744j:plain

カフェ「コリンクハウス」もオープン

 雄勝ローズファクトリーガーデン

  ◆宮城県石巻市雄勝の「雄勝ローズファクトリーガーデン」で6月2日(日)からバラ祭りが開かれています。住民や来場者から要望の大きかったコミュニティーカフェ「コリンクハウス」もオープンし、大勢の来場者でにぎわっています。

 「雄勝ローズファクトリーガーデン」は、一般社団法人雄勝花物語が「花と緑の力」で東日本大震災の復興を支援しようと整備している庭園。防災学習や住民、来訪者の交流の拠点にもなっている。

 広さおよそ2,000平方メートルで、約100種類約300本 のバラと四季折々の草花が植えられている。5月下旬から赤やピンク、黄色などさまざまなバラの花が、他の草花と一緒に咲き始め、6月初めから半ばまでが見頃となる。

 バラ祭り初日は、合唱のミニコンサートやアロマスプレー作り、押し花はがき作り、透明な瓶に特殊な液体とカラフルな花を入れて作る装飾品「ハーバリウム」作り、花束作りのワークショップも行われた。屋外では花苗の販売や、仙台のグループによる手打ちそばの実演販売もあり、人気を集めた。東北学院大学と千葉大学の学生たちがボランティアでスタッフを務めた。 

f:id:ishinomaki-joho:20190603142003j:plain

ミニコンサート

f:id:ishinomaki-joho:20190603141854j:plain

赤やピンクのバラ

f:id:ishinomaki-joho:20190603142106j:plain

咲き誇るさまざまな草花

f:id:ishinomaki-joho:20190603142214j:plain

ハーバリウム作りなどのワークショップも人気

f:id:ishinomaki-joho:20190603142540j:plain

そば打ち実演

カフェはイベント日や土日・祝日に営業

 地域住民の交流の場であるコミュニティーカフェ「コリンクハウス」は大きな温室の一角に設けられた。宮城県共同募金会の社会課題解決「みやぎチャレンジプロジェクト」助成事業と、タケダ・いのちとくらし再生プログラムの助成を受けて開設した。イベントのある日や土日、祝日を中心に営業する。メニューはコーヒーがアイス・ホットいずれも250円、ソフトクリーム350円、ハーブティ(2人分)700円など。イベントの時ときはサンドイッチやベーグルなどの軽食もある。

 平日は共同代表の徳水利枝さんに声をかけてもらえれば、コーヒーなどの飲み物を提供できるという。カフェでは特製のアロマオイル、花をあしらったクッキー、押し花はがきなども販売している。

f:id:ishinomaki-joho:20190603142954j:plain

花を見ながらゆっくりできカフェ

f:id:ishinomaki-joho:20190603142347j:plain

アロマオイル
最終日15日にもイベント

 バラ祭りは6月15日(土)まで。火曜定休だが、バラ祭り期間中は開園する。15日はハーバリウム作りなど各種ワークショップと胡弓コンサート(午後 1時~)がある。開園時間は午前10時~午後4時。