石巻の今 ときどき世界

地元新聞の元記者が石巻・東松島・女川の観光や食、漫画、猫、震災・防災などの地元情報を紹介します。ときどき世界のまち歩きも書いていきます。

第2回東北被災地語り部フォーラム2019の報告(その1:パネル討論)

f:id:ishinomaki-joho:20190225151910j:plain

  東日本大震災の伝承の在り方を考える第2回東北被災地語り部フォーラム2019が2月24、25日、宮城県南三陸町の南三陸ホテル観洋で開かれた。同ホテル主催。全国から約400人が参加した。テーマは「あの日から10年・100年・1000年先の未来へ  みんなが語り部」。このフォーラムを3回に分けて報告する。1回目はパネルディスカッションについて。

語り部バス、討論、分科会など多彩に

 初日は、パネルディスカッションと三つの分科会、フリートーク形式の語り部座談会が開かれた。開会前には語り部バスが運行された。2日目は語り部バスと疑似喪失体験プログラムがあった。パネルディスカッションは「みんなが語り部」~語ることの意味~をテーマに意見を交わした。

 「自分事として」「未来の命を守るために伝えて」-小学生2人が発表

 開会行事は阿部隆二郎・南三陸ホテル観洋代表取締役副社長があいさつ。祝辞の後、佐藤光莉さん(入谷小5年)、佐藤ひま里さん(志津川小6年)がそれぞれ、パワーポイントを上映しながら小学生の語り部としての考えを話した。光莉さんは「自分事にしてほしい」、ひま里さんは「未来のの命を守るために、伝え、つないでいくことが大切」と訴えた。 

f:id:ishinomaki-joho:20190225153159j:plain

佐藤光莉さんの発表 

f:id:ishinomaki-joho:20190225153232j:plain

佐藤ひま里さんの発表 

 民間ネットワークの大切さ指摘する意見も

  パネルディスカッションのテーマは「みんなが語り部」~語ることの意味~。パネリストは下記の4人。高野登さん(東京都・人とホスピタリティ研究所代表)がコーディネーターとなり、結城登美雄さん(仙台市・民俗研究家)がコメンテーターを務めた。

【パネリスト】 

 野村 勝さん(神戸市・人と未来防災センター語り部)

 二橋 守さん(宮古市・三陸鉄道㈱ 旅客営業課長)

 山内明美さん(仙台市・宮城教育大学准教授)

 後藤一磨さん(南三陸町・南三陸復興みなさん会代表)

  野村さんは阪神淡路大震災の時、神戸市の消防士だった。たくさんの命を救えず、悔しい思いから語り部という形を選んだ。「備えをしていなかったのが大きな被害の原因」と語った。

 二橋さんは三陸鉄道が運行している震災学習列車に関連し、「子どもたちには、自分たちの防災に役立てるだけでなく、多くの人に学んだことを伝えて、と話している」紹介した。

 後藤さんは「とにかく急いで復旧したが、何か納得いかないものがある。震災は何を教え、われわれは何に気づいたのか? そのことが備えとして重要だ」と問いかけた。

 山内さんは、三陸には子どもだけの伝統行事があることを紹介し、大人が全滅するような災害があることを想定したものと説明。「語り部は三陸のカルチャーだ」との考えを述べた。また「語れない人もいるし、風当たりも強い」と語り部の難しさを指摘した上で、「継続が大切」と強調した。

今後に前向き姿勢

 パネリスト4人は今後について「災害に向き合う文化を築いていかないといけない」(野村さん)、「一人でも多くの方に伝えたい」(二橋さん)、「民間のネットワークができてきた。民間ベースで動いていることが大事」(山内さん)、「悲しいことを多く語ってきた。希望を語れる語り部になりたい」(後藤さん)と前向きに語った。

 コーディネーターの高野さんは「イメージすることが大切。想像する力を鍛えないといけない」と指摘した。

 結城さんは「日頃の備えが大切というが、人は圧倒的に忘れていく。小学生の発表にあった『自分事』という言葉にはっとさせられた。自分事にしないといけない」と述べた。津波のことを刻んだ石碑が多くあることに触れ、「過去の人たちもわれわれに語り掛けている。私たちはそれを受け止める必要ある」とも語った。「被災地で心を表に出せずにいる人の姿を見てきた。祭りは祈りと供養から生まれた。ときどき、心を表に出していくことが大事。大事なことは伝えよう。一緒にやっていきたい」と結んだ。

来年は全国シンポ

 パネルディスカッションの後、大阪府立大学客員研究員の山地久美子さんが第4回全国被災地語り部国際シンポジウムin熊本(平成30年12月8~10日)について報告した。来年の全国シンポジウムは、南三陸ホテル観洋で開かれる予定。