石巻の今 ときどき世界

地元新聞の元記者が石巻・東松島・女川の観光や食、漫画、猫、震災・防災などの地元情報を紹介します。ときどき世界のまち歩きも書いていきます。

東松島

幻の港の遺構を見る! 明治政府初の近代港湾「野蒜築港」

◎ 日本初の近代港湾として建設された「野蒜築港」。それは東北地方、現在の宮城県東松島市の河口にあった。だが、明治15(1882)年の完成から2年後、台風により突堤が破壊され、翌年廃港となった。「港として発展していけば、横浜よりも…」。この史実を知る…

3月 3日 (日)にKIBOTCHA鳴瀬かき祭り

宮城県東松島市野蒜にある防災学習・宿泊施設の「KIBOTCHA(キボッチャ)」で3月3日(日)、鳴瀬かき祭りが開かれる。時間は午前10時~午後3時。鳴瀬かき5000個を来場者に無料で振る舞うほか、東松島市の名産・特産品の販売ブースも出店する。乗馬体験もでき…

初めて世界を1周した日本人は誰でしょう?

日本人で初めて世界1周を果たしたのは、いつ、誰か? 皆さんは知っているだろうか。それは江戸末期の1804年12月のこと。宮城県東松島市宮戸島と塩釜市の4人が11年もの年月を要して成し遂げた。その史実を伝える講演会「若宮丸漂流物語」が1月26日、東松島市…

子どもたちが家々巡り豊作、大漁祈願 「えんずのわり」 

宮城県東松島市宮戸月浜の小正月行事「えんずのわり」は14日夜、3人の男子小中学生が地区の全世帯20戸余りを訪問し、五穀豊穣や大漁、家内安全などを祈願した。

伝統の鳥追い行事「えんずのわり」始まる

男子小中学生3人が厳寒の岩屋で自炊生活 200年以上前から宮城県東松島市の宮戸島・月浜に伝わる鳥追い行事「えんずのわり」が1月11日夕刻から始まった。小学5年生、6年生、中学1年生の男子3人が、五十鈴神社参道脇の崖をくり抜いた岩屋に集まり、自分たちだ…

東日本大震災の被災地、石巻地方の地元情報を紹介していきます

初めまして。石巻情報パートナーズ代表の大須武則です。年末ぎりぎりですが、ブログを始めました。東日本大震災の被災地、石巻の現状や震災伝承、防災・減災、石巻を訪れる方に役立つ観光や食、歴史などについて、地元からの情報をお伝えしていきます。